パソコン買うならダイレクトショップ!~PCメーカー直販のすすめ~

ダイレクトショップの弱点

ダイレクトショップの弱点
ダイレクトショップを紹介する当サイトとしては、ダイレクトショップの良いところばかりではなく弱点も紹介しておかなければなりません。
考えられるダイレクトショップの弱点を挙げてみます。

商品の実物を見ることができない
ダイレクトショップでは、商品の写真を見ることはできますが、実物を見て触ることはできません。
パソコンを机に置いたときの大きさや、画面の明るさや、本体デザインの詳細までは、ダイレクトショップの商品画像のみではつかみ難いことが多いでしょう。
商品の写真は、ダイレクトショップに分かりやすい画像がない場合は、メーカーホームページの商品紹介などに別に詳しく掲載されているとこがあるので、そちらを確認してみましょう。
それでも心配な人は、ダイレクトショップでチェックした商品(または類似商品)を電気屋さんに見に行くと良いでしょう。そこでデザインや大きさが気に入れば、家に帰って安心してダイレクトショップで注文することができます。そのとき、ついでに商品の価格も比較すると良いでしょう。

注文してから届くまでに時間が必要
インターネット通販であるパソコンダイレクトショップは、買った商品を持って帰ることはできません。
商品を注文してから届くまでに、少なくとも数日、カスタマイズモデルは受注してから組み立てるので二週間以上かかってしまうことも珍しくありません。
買いに行ったその日に新しいパソコンを持って帰ることができる電気屋さんとは違います。
ダイレクトショップで買ったパソコンをどうしても使いたいという日が決まっているのなら、早めに注文しておくことをお奨めします。

送料が必要
ダイレクトショップは通信販売なので、商品を届けてもらうのに送料がかかるというのは、当然のことです。
パソコンは精密機器なので、その送料が思いのほか高く、送料をのせると考えていた予算を超えてしまうということがあります。
ダイレクトショップで商品を吟味するときは、あらかじめ送料がいくらかかるのかを確認しておきましょう。
最近は送料無料という商品も増えてきましたが、まだまだ数千円の送料がかかるのが一般的です。

ただ同し商品なら、送料分を価格に入れても電気屋さんで買うより随分安くなるということの方が多いでしょう。
メーカー直販でパソコンを買えば送料はかかりますが、電気屋さんまでパソコンを買いに往復する交通費(ガソリン代)や時間(=人件費)は必要なくなります。

こうしてダイレクトショップの弱点をあげてみると、それはインターネット通販全般にいえる弱点であることが分かります。
ネット通販を利用することにある程度慣れている人なら、当然知っているということばかりではないでしょうか。